【GIF解説】オルターネイト・ダンベルカールのフォーム【2段階の上げ方】

スポンサーリンク
上腕二頭筋
スポンサーリンク

上腕二頭筋の働きを十分に理解した鍛え方です。※片方ずつ行います。

フォームで大事なことは

①ひねって中間の位置まで上げる
②ヒジを上げる

「ひねる」と「ヒジを上げる」はどちらも上腕二頭筋の働きに深く関係してきます。

 

♦重量設定

この種目は、負荷のかかるポイントが多いのでフォームがかなり大事です。

上腕二頭筋の種目の解説で何度も書いていますが「最後に強く握る」ことが、一番大事です。

重量は「最後に強く握る」ことを前提に重くすべきです

 

それでは解説していきます。

 

スポンサーリンク

フォーム解説

ひねって中間の位置まで上げる

手のひらを動かすと、上腕二頭筋も動いています。

このことが言えるのは、2つは連動してしているということです。

あと、ヒジを曲げる筋肉でもあるので「ひねって中間の位置まで上げる」は、2種類の負荷を入れることになります。

 

ヒジを上げる

上腕二頭筋は肩甲骨からヒジまで付いています。

肩甲骨にヒジを近づければ、当然縮みます(収縮)

このときに、拳を強く握り「力こぶを作るイメージ」で曲げると、さらに強い負荷がかかります。

 

まとめ

・「ひねる」と「ヒジを上げる」は上腕二頭筋の働きに深く関係してくる。

・オルターネイト・ダンベルカールは負荷が入るポイントが多いので、フォームがかなり大事。

・手のひらと上腕二頭筋は連動して動く

・ヒジを曲げる時も働く筋肉なので、ひねって中間まで上げると2種類の負荷が入る

・上腕二頭筋は、肩甲骨からヒジまでついているので、近づくと縮んで負荷が入る。

・重量設定は「最後に強く握れる」が最優先で重くしていく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました