【ダンベルシュラッグのフォーム解説】上げ下げで握り方を変える【GIFあり】

スポンサーリンク
僧帽筋
スポンサーリンク

ダンベルシュラッグは、ただ上にあげるだけのシンプルな種目です。

肩甲骨を覆うように付いている僧帽筋は、3つの筋繊維からなる筋肉です。

その中でも、今回鍛えられるのは、一番上にある「上部」です。

上部の働きは「肩甲骨を上にあげる」ことなので、シュラッグもその意識で行います。

 

フォームの中で大事になってくるのは

①下げている時はゆるく握る
②上げる時は強く握る
③斜め上げる

 

順番に解説していきます。

 

スポンサーリンク

フォーム解説

下げている時はゆるく握る。

まず、重い買いもの袋を持っているイメージをしてください。

袋を強く握ると、が疲れます。

袋をゆるく握ると、重量は肩にかかります。

 

筋トレは、筋肉の伸び縮み運動で、伸び縮みの幅が大きい方がいいです。

下ろす時は「ストレッチ優先」と考えた方がいいので、ダンベルが下にある時は、ゆるく握り僧帽筋をストレッチさせましょう。

 

上げる時は強く握る

僧帽筋を大きく縮ませるために、強く握ります。

三角筋を鍛えるときも「強く握る」ことを推奨しましたが、僧帽筋を鍛える時も一緒です。

握ると、握らないでは収縮の幅が変わってきますので、上げる時と下げる時で握りかたを変えましょう。

 

斜め上に上げる

僧帽筋は、体の後ろ側についている筋肉です。

前に上げるより、後ろに上げた方が、強く縮ませることができます。

この時に「肩甲骨を寄せる」ことも意識した方が良いです。

 

まとめ

・筋トレは筋肉の伸び縮み運動なので、伸び縮みの幅を大きくすると良い。

・下げている時は、僧帽筋をストレッチさせた方がいいので、ゆるく握る。

・上げた時は、強く縮ませた方がいいので、強く握る。

・僧帽筋は後ろについている筋肉なので、斜め上に上げた方が、強く縮ませることができる。

・上げた時に「肩甲骨を寄せる」ことも意識した方が良い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました