家トレで使用する器具

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク

この記事では現在家で筋トレしている器具を紹介します。




まず使っているものは、

ダンベル(連結してバーにできるタイプ)
ベンチ台(斜めになるやつ)



それでは紹介していきます。


ダンベル(30kg×2)

ラックは別途紹介

ダンベルに関しては片方30kg作れるものを買いました。(保証なし=安い)



値段は1万円以下で、ダンベル同士を繋げてバーにすることもできます

買った理由はシンプルに「安い」からです。



まず20kg以上の重量で鍛えたかったので「30kg」で売っている中で、どれが一番安いかで探して、これが一番安かったです。



ダンベルのメーカーにはあまり詳しくないですが、実際に使用してみて充分トレーニングできます



でも、あえて欠点を上げるなら、対応のシャフトが25センチで付属のバーぐらいしか重量を付けれない事です。


アームカールなどで上腕二頭筋を鍛える時は、ストレートのバーより曲がっているEZバーの方が、上腕二頭筋の長頭と短頭に均等に負荷が入ります

しかし、25センチのシャフト径のEZバーはアマゾンで探してもありませんでした。(泣)




色んな商品を見てみると、色んなバーが揃っているのは28センチが多いです。



様々なバリエーションで鍛えたい方は28センチの物を買うことをオススメします。



先ほども言いましたが、僕が買ったものでも充分鍛えれます。



上腕二頭筋の鍛え方ならいくらでもあるので(笑)

ベンチ台

次にベンチ台、上半身の方を斜めにできる物を買いました。



当然できる種目も増えます。特に胸と肩の種目に関係してきます。




つまり肩周りの筋肉を付けたいなら、必ずこのように斜めにできるベンチ台を買うべきです


あとこのように斜めにできるベンチ台は上半身の幅が大事です。

この種目はインクラインダンベルプレス。



頭と腰でアーチを作り、胸を張ることが大事です。こうすると大胸筋に効きやすいです。



つまりベンチ台の上半身の幅(赤い矢印)が広くないと頭を付けれないので、アーチを作れなくなります。


このベンチ台は81センチあります。長くて損はないので、買うならここが長いのを買いましょう。(僕の身長は180センチ)




後日、プレートラック、ストラップ、ベルトなどを紹介します。

この記事を書いた人
じーやま (山路和希)

元ラグビー選手(ヤマハ発動機)
筋トレが大好き。

筋肉が大きくなり、ラグビーのパフォーマンスが上がった経験から筋トレが好きになる。

このブログを通じて、皆さんの筋肉が大きくなるキッカケを作れたら嬉しいです。

InstagramやYouTubeでも筋トレを解説しています。
(下記のボタンから飛べます)

じーやま (山路和希)をフォローする
スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
じーやま筋トレブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました