【解説】プロテインの選び方/飲み方【特徴を理解して飲む】

スポンサーリンク
サプリメント
スポンサーリンク

ホエイプロテインソイプロテインなど、今はプロテインだけでもかなり種類があります。

どれを飲んでいいか迷ってしまう方、多いのでは無いでしょうか?

それぞれのプロテインには1つ1つ違う特徴があり、飲むタイミングなどが変わってきます。

今回の記事では、その特徴飲むタイミングについて解説します。

なお、解説の対象となるプロテインは、

①ホエイプロテイン(WPI:アイソレート)
②ホエイプロテイン(WPC:コンセントレート)

③ウエイトゲイン
④ソイプロテイン

それではいってみましょう。

プロテインの選び方

ホエイプロテイン(WPI・WPC)

まずホエイプロテインについてですが、WPI(アイソレート)とWPC(コンセントレートに分かれます。

この2つの違いは、ホエイ(乳糖)の保有率です。

WPI(アイソレート)の方が乳糖は少なく、WPC(コンセントレート)の方が乳糖は多いです。

なぜ、この2種類があるかと言うと、乳糖が体に合わない人がいるからです。

ちなみに僕も乳糖が体に合わない人間で、飲むと急に眠くなったりお腹に溜まる感覚があります。

WPI(アイソレート)は「乳糖からタンパク質だけを綺麗に取り出した」ので、乳糖が少なく、僕が飲んでも何とも無いです。

綺麗に取り出すので、その分、手間もかかっておりWPI(アイソレート)は値段が少し高いです。

なので、よくネットなどで売っている安いプロテインは、すべてWPC(コンセントレート)です。乳糖を入念に取り出さなくても良いので、値段を抑えることができます。

僕が飲んでいるのは、

 

ウエイトゲイン

続いてはウエイトゲイン

これは糖質の多いプロテインです。

でも糖質が多い代わりに、ホエイプロテインよりタンパク質が少ないです。

そして、仮にプロテインに糖質を求めるなら、僕はマルトデキストリンクラスターデキストリンなどのサプリメントを入れて飲みます。

でも、脂肪をつけてでも太りたい場合は、簡単にカロリーを摂れるのでおすすめです。

 

ソイプロテイン

ホエイは牛から作られるので動物性のタンパク質

ソイは大豆から作られるので植物性のタンパク質

この2つの違いは、吸収速度です。ホエイの方が早く、ソイのが遅いです。

ソイの方が吸収が遅いので、血液に長くアミノ酸が流れています

この特徴を生かした摂取のタイミングは、寝る前です。

寝ている時は、当然何も食べれなくて栄養摂取ができないので、寝る1時間前に飲んで少しでも長くアミノ酸を流しておきます。

僕が飲んでいるのは、

 

プロテインの飲み方

以上のことを踏まえて、プロテインの飲み方を解説していきます。

自分の好きな味を選ぶ

まず筋肉をつけるなら、1日のタンパク質の総摂取量を増やすのが大事です。

なのでホエイプロテインでは、アイソレートかコンセントレートなど体に会う方を選びましょう。

そして、このようなことを言っていると「おすすめのプロテインを教えて下さい」と言われます。

このような質問に、僕はいつも「好きな味のものがいいです」と言います。まず1日のタンパク質の総摂取量を増やすためには、筋トレ後のプロテインだけでは足りないので、食事と食事の間にも飲まないといけません。

こうなってくると、飲む回数が多いので自分の好きな味が一番です。(アイソレートかコンセントレートを選んだ上で)

ちなみに、仮に僕が乳糖が大丈夫な体の場合、下記のプロテインを飲みます。

5kg8000円とかなり安いです。

まとめ

・ホエイプロテインにはWPI(アイソレート)とWPC(コンセントレート)がある。

乳糖が体に合わない人はWPI(アイソレート)を飲むと良い。(しかし値段は少し高い)

・ソイプロテインは吸収速度がホエイより遅いので、寝る1時間前に飲むと良い。

・ウエイトゲインは脂肪をつけてでも体を大きくしたい人は、コストを抑えてカロリーを摂れる。

・筋肉を大きくしようとしたら、1日で摂るタンパク質量を多くする必要があり、総じてプロテインを飲む回数も増える。なので「自分が好きな味」で選ぶと良い。

この記事を書いた人
じーやま (山路和希)

元ラグビー選手(ヤマハ発動機)
筋トレが大好き。

筋肉が大きくなり、ラグビーのパフォーマンスが上がった経験から筋トレが好きになる。

このブログを通じて、皆さんの筋肉が大きくなるキッカケを作れたら嬉しいです。

InstagramやYouTubeでも筋トレを解説しています。
(下記のボタンから飛べます)

じーやま (山路和希)をフォローする
スポンサーリンク
サプリメント
スポンサーリンク
スポンサーリンク
じーやま筋トレブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました