ダンベル種目

スポンサーリンク
上腕二頭筋

【GIF解説】オルターネイト・ダンベルカールのフォーム【2段階の上げ方】

ダンベルをひねって上腕二頭筋を鍛える種目です。大事なのは、①ひねって中間の位置まで上げる、②ヒジを上げる、です。「ひねる」「ヒジを曲げる」「収縮させる」3種類の負荷が入ります。
広背筋

【GIF解説】ダンベルローイングのフォーム【足幅、引く方向】

ダンベルで広背筋(背中)を鍛える種目。大事になってくるのは、①肩幅で立つ、②重心をお尻に置く、③おヘソに引く、の3つです。GIFや画像を加工して解説していきます。
僧帽筋

【ダンベルシュラッグのフォーム解説】上げ下げで握り方を変える【GIFあり】

ダンベルで首元にある僧帽筋を鍛えるトレーニング。大事になってくるのは、①下げている時は「ゆるく握る」、②上げる時は「強く握る」、③斜めに上げる、の3つです。GIFや画像を加工して詳しく解説していきます。
スポンサーリンク
三角筋 前部

【ダンベルショルダープレスのフォーム解説】下げる位置、上げる速さ【GIFあり】

ベンチプレスなどでも使う「三角筋の前部」だけに集中して負荷を入れれる種目。ボクサーの肩を見れば分かりますが、三角筋はパンチなどのポジティブ動作に反応しやすいので、早く上げるのがとても重要です。
大胸筋 上部

【GIF解説】インクラインダンベルプレスのフォーム【座り方、上げる角度】

ベンチプレスやダンベルプレスは、胸の下の方に下ろすので、負荷は大胸筋の中部や下部に入ります。インクラインですると、負荷を入れにくい「上部」を鍛えれます。当然正しいフォームど行う必要があるので、画像・GIFで解説します。
大胸筋 中部

【GIF解説】ダンベルフライのフォーム【ダンベルは強く握らない】

大胸筋の筋繊維の性質上、ストレッチをさせた方がいいです。そのために、ヒジの角度や握り方が大事になってきます。画像やGIFを使い、詳しく解説します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました