【GIF解説】アブローラーのやり方【腰を少し曲げ、お腹に力を入れる】

スポンサーリンク
腹筋
スポンサーリンク

腹筋をストレッチさせて鍛える種目

腹筋は胸の下から骨盤までつく筋肉です。
ストレッチさせる種目は
筋肉の付着部を固定させるのですが、
物理的に無理です。

なので
腹筋に重心が乗っている」をキープします。
当たりまえに聞こえるかもしれませんが、
一番伸ばせる所から、膝まで戻す時に、
腹筋に負荷が入っていない時があります

そうさせないために大事になってくるのは、

①腰を少し曲げ、お腹に力を入れる
②腰の位置をキープして伸ばす
③胸の下まで下げる

♦回数設定

今までクランチなどを
やっていた人からすれば、
違ったキツさになりますので、
最初の方はかなり筋肉痛になると思います。

重量をつけられないので、
10×3セットでやって、
なれれば
1セットの回数を増やせばいいです。

 

スポンサーリンク

アブローラーのやり方

腰を少し曲げ、お腹に力を入れる

腹筋は骨盤までついています。
しっかり固定することはできませんが、
腰を少し曲げ、お腹に力を入れる
すこし固定できます。

 

腰の位置をキープして伸ばす

さっきの腰の位置を
ずっとキープしておくのが大事です。
このまま腕を伸ばすと、
伸びきる前に腹筋がかなりストレッチされます。

覚えておいてほしいのは、
最大限に伸ばした所から戻す時に、
腹筋より上腕三頭筋や広背筋の方が使われます

 

胸の下まで下げる

ローラーを膝まで戻したとき、
腹筋に負荷は入っていません

アブローラーは重量を扱うことはできないので、
腹筋に常に重心をのせる」必要があります。

胸の下まで戻し、また伸ばす
この連続でずっと腹筋に重心がのり、
負荷がかかり続けます。

 

まとめ

回数設定:10回×3セット
※なれれば1セットの回数を増やす。

レスト:40秒~60秒

大事なポイント
【腰を少し曲げ、お腹に力を入れる】
①腹筋は骨盤までついている。
腰を少し曲げ、お腹に力をいれる
すこし固定できる。

【腰の位置をキープして伸ばす】
腰の位置はずっとキープする
②キープしながら伸ばすと、伸びきる前に
腹筋がかなりストレッチされる。
③最大限に伸ばした所から戻す時に
 腹筋より上腕三頭筋や広背筋を使う

【胸の下まで下げる】
①ローラーを膝まで戻したとき、
腹筋から負荷が入っていない
胸の下まで戻し、また伸ばし、
 常に腹筋に重心をのせることが大事。

コメント

タイトルとURLをコピーしました