【GIF解説】バックランジのやり方【つま先を遠くにつける】

スポンサーリンク
大腿二頭筋
スポンサーリンク

モモの付け根とお尻を鍛えます。

 

スクワットとは違った負荷が入ります。
やり方の中で大事になってくるのは、

①つま先を遠くにつける
②深く下ろす

♦重量設定
スクワットなどと違い、
動作によって負荷を入れるので、
正確なフォームができる前提
重量を重くするべきです。

10回×3セットでメニューを組む場合、
マックスの60%~70%ぐらいの重量
ずっとやれば充分キツイと思います。

 

お知らせ

バックランジのやり方

つま先を遠くにつける

 

足が後ろに行った方が
負荷のレベルが高くなります。
この時に重心は前の足に置きましょう。
前:7、後:3ぐらい。

 

深く下ろす

次に大事なのは深さ。
当然深く下げた方がキツイです。

先ほども言いましたが、
前足に重心を置いたまま、
股関節から下におろすイメージで良いです。

この時に後ろ足の膝が地面に着くぐらい
下げると良いです。

 

まとめ

重量設定:正確な動作ができる重量で行う。
3セットやる場合すべて同じ重量で良い。

回数:10回~15回

レスト:60秒

大事なポイント
【つま先を遠くにつける】
遠くにつけた方が負荷のレベルは高くなる。
足の重心は、前7:後3ぐらい。

【深くおろす】
股関節から下ろすイメージ
後ろ足の膝が地面に着くぐらい下げる。

この記事を書いた人
じーやま (山路和希)

元ラグビー選手(ヤマハ発動機)
筋トレが大好き。

筋肉が大きくなり、ラグビーのパフォーマンスが上がった経験から筋トレが好きになる。

このブログを通じて、皆さんの筋肉が大きくなるキッカケを作れたら嬉しいです。

InstagramやYouTubeでも筋トレを解説しています。
(下記のボタンから飛べます)

じーやま (山路和希)をフォローする
お知らせ
スポンサーリンク
大腿二頭筋
スポンサーリンク
じーやま筋トレブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました