【GIF解説】ベンチディップスのやり方【真上を見る】

スポンサーリンク
上腕三頭筋
スポンサーリンク

自重で上腕三頭筋を鍛えます。

普通のディップスでは大胸筋下部をターゲットにして
ここでは上腕三頭筋を中心に鍛えます
手が後ろにある状態で上げ下げすると、
大胸筋下部には負荷が入りにくくなります

やり方の中で大事になってくるのは、

①限界まで下げる
②真上を見る

♦回数設定
常に重心を乗せてパンプアップさせるので
回数は10回~15回

動作をゆっくりすると結構キツいです。
上腕三頭筋は高重量で鍛えたほうが良いので、
メニューの中に組み込む場合は、
後半に持ってきたほうがいいです

 

スポンサーリンク

ベンチディップスのやり方

限界まで下げる

可動域は大きい方が良いので、
結構下まで下げたほうがいいです。

下げてくると大胸筋の下部
ストレッチされてきます。
脇と胸に間ぐらいのところ
それを感じたら上にあげます。

当然あげるときは手に力を入れ
上腕三頭筋で押しあげる
意識を持ってください。

 

真上を見る

フィニッシュで上腕三頭筋を収縮させます。
真上を見ているポジションは、
肩甲骨とヒジが近くなるので、
収縮された状態になります。

ベンチディップスでは常に重心を
上腕三頭筋に乗せつづけることが目的です。

 

まとめ

回数設定:パンプアップさせるので10回~15回

大事なポイント
【限界まで下げる】
可動域は大きいほうがいい
②脇と胸の間がストレッチされるまで下げる。
(大胸筋の下部)
③あげるときは手に力を入れて、
上腕三頭筋で押しあげる。

【真上を見る】
フィニッシュで収縮させる
②上腕三頭筋は肩甲骨からヒジまで付いているので、
2つが近づくので縮む。

この記事を書いた人
じーやま (山路和希)

元ラグビー選手(ヤマハ発動機)
筋トレが大好き。

筋肉が大きくなり、ラグビーのパフォーマンスが上がった経験から筋トレが好きになる。

このブログを通じて、皆さんの筋肉が大きくなるキッカケを作れたら嬉しいです。

InstagramやYouTubeでも筋トレを解説しています。
(下記のボタンから飛べます)

じーやま (山路和希)をフォローする
スポンサーリンク
上腕三頭筋
スポンサーリンク
スポンサーリンク
じーやま筋トレブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました