【GIF解説】ケーブルアームカールのやり方【拳を顔に】

スポンサーリンク
上腕二頭筋
スポンサーリンク

ケーブルで上腕二頭筋を鍛えます。

EZバーやダンベルと違い、
動かす幅が限られていますが、
常に重量をのせることができます

やり方の大事になってくるのは、

①拳を顔に
②曲げたとき強く握る

♦重量設定
上腕二頭筋は重い重量で勢いよくやるより、
軽い重量で丁寧にやった方が筋肥大すると言われています。
なので丁寧に行える重量で行うと良いです。

 

スポンサーリンク

ケーブルアームカールのやり方

拳を頭に

ケーブル種目のメリットは、
「常に重量がのっている状態」をキープできること。
なので可動域は広くして重量がのっている状態
長くすることが大事です。

拳を顔に持ってくるようにすると、
自然にヒジが上がります
上腕二頭筋は肩甲骨からヒジまでついているので、
拳を顔に近づけると両方が近づき、収縮します。

 

強く握る

上腕二頭筋に力を入れて、
力こぶを作るときは必ず強く握ります。
なんなら強く握らないと力こぶを作れないです。
筋トレのときも一緒です。

力こぶを作るように曲げるかどうかで
負荷のレベルはかなり違ってきます。

 

まとめ

重量設定:丁寧に行える重量。

回数:15回~20

大事なポイント
【拳を顔に】
①ケーブル種目は可動域を広くすること大事。
②拳を顔に持ってくると上腕二頭筋が収縮する。

【強く握る】
①強く握らないと力こぶを作れない。
②力こぶを作ったときは上腕二頭筋に力が入った状態
③筋トレのときも力こぶを作るようにヒジを曲げる

コメント

タイトルとURLをコピーしました