【GIF解説】ケーブルクランチのやり方【重りで腹筋を鍛える】

スポンサーリンク
腹筋
スポンサーリンク

上から引くケーブルで腹筋を鍛えます。

負荷の入るのは主に腹筋の上部です。

やり方の中で大事になってくるのは

①脇をしめる
②息を吐きながら体を丸める

♦重量設定
腹筋の筋トレの中では珍しく重量を扱えます。

重くすることはいいことですが、
「体を丸める」ことが一番大事なので、
中途半端にしか丸めれなければ、
重量を落としてください。

スポンサーリンク

ケーブルクランチのやり方

脇をしめる

今回負荷が入る腹筋の上部と
大胸筋の下部はつながっています。

脇を締めて大胸筋を中央に寄せ、
腹筋の上部を固定させるようにしましょう。

息を吐きながら体を丸める

Processed With Darkroom

筋肉は息を吐きながらだと収縮しやすくなります。

これは一番大事なことですが、
そもそも腹筋の働きは「体を丸める」です。
曲げるときに意識をするしない
負荷のレベルが変わります。

そして6パックという言葉のとおり、
腹筋は1つ1つ分かれているので、
1つずつ折りたたむイメージで曲げてください。

まとめ

重量設定:体を丸めることを前提に重くする
回数:10回~12回

大事なポイント
【脇を締める】
①今回鍛える腹筋の上部と大胸筋の下部は
つながっている。
脇を締め大胸筋を寄せ、腹筋の上部を固定させる。

【息を吐きながら体を丸める】
①息を吐くと筋肉は収縮しやすくなる。
②腹筋は11つ分かれているので
1つずつ折りたたむイメージで曲げる。
体を丸めるように曲げるとやりやすい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました