【GIF解説】ケーブルローイング(パラレルグリップ)のやり方【おへそに引く】

スポンサーリンク
広背筋
スポンサーリンク

パラレルグリップでローイングをします。

ケーブルなどの種目は
色んなアタッチメントで鍛えることができます。
パラレルグリップのメリットは
ラットプルダウンの時と同じです。

日常の時でも、
ものを引っ張る時は
パラレルグリップと持ち方は一緒です
(拳を縦方向して引いている)

つまり負荷を入れやすいということです。

ローイングのやり方は一緒で

①ヒザを伸ばして座る
②おへそに引く

♦重量設定
ヒザの位置を固定して
ものを引きやすいグリップでやっているので
重量は可能なかぎり重くしましょう。

スポンサーリンク

ケーブルローイングのやり方

ヒザを伸ばして座る

 

広背筋は骨盤から腕までつく筋肉です。
筋トレにおいて、
付着部のどちらかを固定した方がいいです。

理由は筋トレは筋肉の伸び縮み運動で、
片方を固定した方が伸び縮みしやすいからです。

ここではヒザを伸ばして
お尻の位置を固定します。
(股関節を固定する)

すると、
伸ばした時はストレッチされやすくなり
引いた時は収縮されやすくなります

おへそに引く

おへそに引いた方が
広背筋に負荷が入りやすい。

おへそより上に引くと
僧帽筋の下部に負荷が入りやすくなる。

引いた時は
広背筋を収縮させるのですが、
アゴを上げながら引く
収縮されやすいです。

まとめ

重量設定:引きやすい握り方でするので、
可能な限り重くする。

大事なポイント
【ヒザを伸ばして座る】
①広背筋は骨盤から腕まで付いている。
②筋トレではどちらかの付着部を
 固定した方が良い。
③ヒザを伸ばしてお尻を固定して、
骨盤の位置を動かないようにする。

【おへそに引く】
①おへそに引いた方が広背筋に
 負荷が入りやすい
②おへそより上に引くと、
僧帽筋下部への負荷が強くなる
引いた時にアゴを上げると、
収縮されやすい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました