【GIF解説】ケーブルサイドレイズのやり方【片足で立つ】

スポンサーリンク
三角筋 中部
スポンサーリンク

ケーブルで三角筋の中部を鍛えます。

基本的はワンハンドサイドレイズ
同じ考えです。
片手で行うと三角筋の中部だけに
負荷を入れやすい
です。

やり方の中で大事なのは、

①片足で立つ
②遠くの方に上げる

重量設定
三角筋中部は半羽状筋で筋繊維が多いので
回数は多くてレストは短く
できる重量がいいです。

ケーブルなので常に重量が肩に乗っています。
下ろすときにゆっくりすると、
さらに効果的です。

スポンサーリンク

ケーブルサイドレイズのやり方

片足で立つ

上げる側の足で立つと
支点が肩になって上げれます

この時どのように上げても
三角筋の中部に負荷が入ります。
なので片足で立たないと、
片手でやる意味がありません。

遠くの方に上げる

三角筋中部は肩の横についています。
力のかかり方てきに、
重量が遠くに行く方」が
肩に負荷が入りやすいです。

真上に上げると、
三角筋中部に負荷が入りつつ、
僧帽筋の働きも強くなります。

まとめ

重量設定:回数は多くレストは短くできる重量

大事なポイント
【片足で立つ】
①上げる側の足で立つと、
 支点が肩になって上げれる。
②片足で立っている限り、
 どのように上げても負荷が入る。
③なので片足で立たないと、
 片手でやる意味がない。

【遠くの方に上げる】
①三角筋中部は肩の横についている。
②力のかかりかた的に、
 遠くにある方が肩に負荷が乗る。
③真上に上げると僧帽筋にも負荷が乗る。

この記事を書いた人
じーやま (山路和希)

元ラグビー選手(ヤマハ発動機)
筋トレが大好き。

筋肉が大きくなり、ラグビーのパフォーマンスが上がった経験から筋トレが好きになる。

このブログを通じて、皆さんの筋肉が大きくなるキッカケを作れたら嬉しいです。

InstagramやYouTubeでも筋トレを解説しています。
(下記のボタンから飛べます)

じーやま (山路和希)をフォローする
スポンサーリンク
三角筋 中部
スポンサーリンク
スポンサーリンク
じーやま筋トレブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました