【GIF解説】ケーブルアップライトロウのやり方【ヒジから上げる】

スポンサーリンク
三角筋 中部
スポンサーリンク

ケーブルで肩を鍛えます。

ここで主に負荷が入るのでは、
僧帽筋の上部三角筋の中部後部です。

とくに上げた時は僧帽筋上部の収縮
感じられると思います。

やり方で大事になってくるのが、

①手首を曲げる
②ヒジから上げる

♦重量設定
手首を曲げるので、
バーを強く握れません。
なので高重量には向かない種目です。

でも可動域は狭いので、
マックス60%~70%の重量でやるのが良いでしょう。

お知らせ

ケーブルアップライトロウのやり方

手首を曲げる

上から吊るようなイメージで持ちます。
手首が真っ直ぐになると
強く握ってしまい、
負荷が肩から腕に逃げます。

ヒジから上げる

ヒジから上げて脇を大きく開くことにより、
僧帽筋上部と三角筋の中部と後部が
収縮しやすくなります。

僧帽筋は肩甲骨に沿って付いているので、
ヒジをあげ肩甲骨の位置を動かします

三角筋の中部と後部も
どちらも腕の骨で終わるので、
ヒジを上げることにより
付着部が移動します。

まとめ

重量設定:マックスの60%~70%ぐらいの重量。

大事なポイント
【手首を曲げる】
上から吊るようなイメージ。
②手首が真っ直ぐになると、
強く握ってしまい負荷が逃げる

【ヒジから上げる】
①ヒジから上げて脇を大きく開ける。
②ヒジの位置が大きく移動すると、
僧帽筋と三角筋の後部と中部の
付着部が移動して縮みやすくなる。

この記事を書いた人
じーやま (山路和希)

元ラグビー選手(ヤマハ発動機)
筋トレが大好き。

筋肉が大きくなり、ラグビーのパフォーマンスが上がった経験から筋トレが好きになる。

このブログを通じて、皆さんの筋肉が大きくなるキッカケを作れたら嬉しいです。

InstagramやYouTubeでも筋トレを解説しています。
(下記のボタンから飛べます)

じーやま (山路和希)をフォローする
お知らせ
スポンサーリンク
三角筋 中部僧帽筋
スポンサーリンク
じーやま筋トレブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました