【片手にもメリットはある】コンセントレーションカール

スポンサーリンク
上腕二頭筋
スポンサーリンク

片手で行うコンセントレーションカール

 

悩む人
悩む人

片手で行う理由はありますか?

 

じーやま
じーやま

あります。上腕二頭筋を最大収縮させて負荷を与えれるのは、片手でやった時だけです

 

理由としては、

1.上腕二頭筋は、肩甲骨から始まり、前腕で終わる筋肉。
2.最大収縮の条件は「始まりと終わりが一番近づく」こと。
3.そのためには、肩甲骨を開いた状態でカールする必要がある。

 

コンセントレーションカールは、曲げきった時に負荷が乗ります。

筋肉は同じ負荷を与え続けると、刺激に慣れてしまい、大きくなりにくくなります。

アームカールとは負荷の種類が違うので、一緒にやったり、代わりにやるのもアリです。

 

それでは詳しいフォームを解説していきます。

 

スポンサーリンク

フォーム解説

足を使い、肩甲骨を開いた状態を作る。

上腕二頭筋は長頭と短頭と、2つの筋肉からなっています。

2つとも起始は違いますが、大きく分類すると「肩甲骨から付いている」と言うことができます。

そして停止(終わり)は前腕の骨まで付いています。

 

最大収縮させるためには、肩甲骨を開き、起始(はじまり)と停止(おわり)が一番近いポジションで行うことです。

 

腕を地面と垂直にする

これは「最大収縮させる為の1つの目安」です。

肩甲骨を開いていないと、腕と地面が垂直になりません。

 

握った時に強く握る

これは上腕二頭筋を鍛える、すべての種目に言えます。

 

例えば、力こぶを作る時は、上腕二頭筋に力を入れるために、必ず強く握ると思います。

鍛えるときは、それと同じ状態を作ります。

力こぶを作るイメージで、曲げきった時は強く握りましょう。

 

ちなみに強く握らないと、ヒジの曲げ伸ばしになり、負荷は上腕筋のみになります。

 

まとめ

・片手で行うと、上腕二頭筋を最大収縮する。

・筋肉が最大収縮する条件は、起始(はじまり)と停止(終わり)が一番近づくこと。

・上腕二頭筋は、肩甲骨から付いているので「肩甲骨が開いた状態」でやると、収縮しやすい。

・肩甲骨が開いた状態の指標として「腕が地面と垂直である」にすると良い。

・力こぶは、誰でも「強く握って」作る。力こぶを作るように曲げると、上腕二頭筋に負荷が乗る。

・力こぶを作らずに曲げると、負荷は上腕筋にいく。

・筋肉は同じ負荷を与え続けると、慣れてしまい、大きくなりにくくなるので、たまには違う負荷を与えた方が良い。

 

 

この記事を書いた人
じーやま (山路和希)

元ラグビー選手(ヤマハ発動機)
筋トレが大好き。

筋肉が大きくなり、ラグビーのパフォーマンスが上がった経験から筋トレが好きになる。

このブログを通じて、皆さんの筋肉が大きくなるキッカケを作れたら嬉しいです。

InstagramやYouTubeでも筋トレを解説しています。
(下記のボタンから飛べます)

じーやま (山路和希)をフォローする
スポンサーリンク
上腕二頭筋
スポンサーリンク
スポンサーリンク
じーやま筋トレブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました