【ダンベルショルダープレスのフォーム解説】下げる位置、上げる速さ【GIFあり】

スポンサーリンク
三角筋 前部
スポンサーリンク

ダンベルショルダープレスは、三角筋(前部)だけを鍛える絶好の種目です。

三角筋だけに負荷を入れれる為に必要なのは、

1.上げる時は勢いよく
2.耳まで下げる

ここで鍛えれる三角筋の前部は、ベンチプレスなどの胸の種目で「補助筋」として使われます。

こぶしを強く握り、押し出す動作には全て関係してきます。

 

スポンサーリンク

フォーム解説

上げる時は早く勢いよく

ボクサーの肩を思い浮かべてほしいのですが、かなり立派な肩をしています。

このことが言えるのは、三角筋の前部は「重量で受ける負荷」より「速さで受ける負荷」に反応しやすいということが分かります。

パンチは、速さはもちろん、当たる寸前に強く握るので、ショルダープレスもそのようにやりましょう。

 

なので重量に関しては、高重量でも「早く上げる意識」でやると、やらないでは大きく結果が違ってきます。

 

耳まで下げる

バーベルショルダープレスの時にも触れましたが、ここでは三角筋を使う範囲で上げ下げするのが重要です。

耳より下に下げると、上げる時に僧帽筋を使うので、三角筋から一瞬負荷が抜けます。

の前などですると、耳まで下げるのを意識しやすいので、オススメです。

 

まとめ

・三角筋前部は、ベンチプレスでも補助筋として使われ、押し出す動作に関係してくる。

・三角筋だけに負荷を乗せ続けるなら、下げるのは耳まで。

・ボクサーの肩を見る限り「重量での負荷」より「速さの負荷」のほうが筋肥大しやすい。

・高重量でするのは大切だけど「勢いよく早く上げれるか」を基準にして重量設定をする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました