【GIF解説】ダンベルローイングのフォーム【足幅、引く方向】

スポンサーリンク
広背筋
スポンサーリンク

ダンベルで背中を鍛えることができる種目。

立って行うので、ベントオーバーロウとフォーム(気をつけること)は似ています。

1.足幅は肩幅
2.重心はお尻に置く(肩幅で立つと置けるようになる)
3.おヘソに向かって引く

 

♦重量設定について

重量は「最後まで引ける重量」で行うべきです。

この種目では、広背筋を最大ストレッチできないので、フォームの中で「一番縮むポイント」を作りましょう。

回数は10回くらいになるのですが、10回ちゃんと引き切れる重量で行うと良いです。

 

スポンサーリンク

フォーム解説

 

足幅は肩幅

足幅を肩幅にする意味は「重心をお尻に乗せる」ためです。

ベントオーバーロウでもダンベルローイングでも、立ち方によって引き方が変わります

引き方が変わると、当然負荷の位置も変わります。

 

立ち方で負荷が変わる点として

肩幅で立ち、おヘソに引く=広背筋
腰幅で立ち、みぞおちに引く=僧帽筋下部
肩幅でおヘソに引いても「僧帽筋下部」に入る

 

重心はお尻に置く

広背筋は骨盤から付いているので、重心をお尻に置きながら引くことが重要です。

腰幅で立つと、重心が膝になります。

この状態では、どの方向に引いても負荷は僧帽筋の下部に入ります。

 

おヘソに向かって引く

 

広背筋は、骨盤から腕まで付いています。

なので、おヘソは広背筋のちょうど真ん中ぐらいになり、ここに向かって引くと負荷が入る感覚がわかります。

引く時は、広背筋を縮ませるように限界まで引きましょう。

 

まとめ

大事なポイントは、①肩幅で立つ、②重心をお尻に置く、③おヘソに引く。

足幅を肩幅にしないと、重心をお尻に置くことができない。

・足幅を腰幅にした場合は、膝で重心を支える。

・重心が膝の場合は、どの方向に引いても「僧帽筋下部」に負荷が入る。

・お尻に重心を置いた場合は、おヘソに引くと広背筋に負荷が入る。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました