【GIF解説】ダンベルカールのやり方【ひねって上げる】

スポンサーリンク
上腕二頭筋
スポンサーリンク

ダンベルで上腕二頭筋を鍛えます。

シンプルな種目です。
普通にヒジを曲げても負荷は入ります。

負荷の入れ方の種類としては
パンプアップ」です。
キツさの感覚的には21カールと似ています。

やり方の中で大事になってくるのは、

①ひねって上げる
②反対はヒジを少し曲げる

♦重量設定
軽めで良いです。
パンプアップさせるためには
高重量より丁寧なフォームの方が有効です

回数は15回~20回で良いでしょう。(片方)

 

スポンサーリンク

ダンベルカールのやり方

ひねって上げる

手をひねる動作は上腕二頭筋の働きです。
なので下からひねってヒジを曲げると、
強い負荷が入ります。

上腕二頭筋を鍛えるすべての種目では、
力こぶを作る」ようにヒジを曲げるのが大切です。

ひねって上げ、最後は力こぶを作りましょう。

 

反対はヒジを少し曲げる

パンプアップさせるためにはこれが重要です。
片方づつ行うので、右手でやっている時は
左手は休んでいます。

休ませてはいけません。

少しヒジを曲げると上腕二頭筋を使いキープします。
曲げる少し曲げる曲げる少し曲げる
この2つの状態を行き来することで
常に力が入り、次第にパンプしてきます。

 

まとめ

重量設定:丁寧にやった方がいいので軽め

回数:片方15回~20回

大事なポイント
【ひねって上げる】
手をひねる動作は上腕二頭筋の働き
②力こぶを作るイメージで曲げる

【反対派ヒジを少し曲げる】
上げていない腕を休ませてはいけない
②ヒジを少し曲げると上腕二頭筋を使いキープする。
曲げる少し曲げる曲げるを繰り返す。

コメント

タイトルとURLをコピーしました