スポンサーリンク

【GIF解説】フェイスプルのやり方【耳に引く】

三角筋 後部
スポンサーリンク

三角筋の後部を鍛えます。

ケーブルにロープのアタッチメントを
付けて顔まで引くことにより、
三角筋の後部に負荷を入れます。

やり方の中で大事になってくるのは、

①耳に引く
②肩甲骨を寄せない

♦重量設定
回数は10回~12回
で設定をするので、
その回数をギリギリできるぐらいで良いです。
ロープのアタッチメントは握りにくいので、
強く握っても負荷は前腕には逃げないです。

フェイスプルのやり方

耳に引く

三角筋後部は腕が水平の状態で働くので、
引いたときに腕が水平じゃないといけません。
ヒジを上げた状態で耳に引くと水平になります

肩甲骨を寄せない

引く際に肩甲骨が寄ると、
僧帽筋への負荷の方が強くなります。

三角筋の後部は肩甲骨から腕の骨に付いているので、
肩甲骨の位置を固定して、
腕を後ろに
引いた方が負荷が入ります

真っ正面に引くより、少し外側に引きます。
(ロープを少し開くように引く)

最大限に引いたときに、
三角筋の後部(肩甲骨の外側)の上に
ロープが来るようにすると良いです。

理想の体になるのをお手伝いします

ここでは有料で行っている「体づくりのサポート」について紹介していきます。

まず「サポート」には大きく分けて2つあります。

①カウンセリング → 食事プランを作成
②僕の全ての知識と経験を見る → 質問で疑問を解決

カウンセリング→食事スケジュール作成

直接メッセージのやり取りをさせて頂き、目的(筋肥大orダイエット)に沿った食事プランを作成します。

イメージ的には、今の食事を劇的に変えるより「長く続けられるようなプラン」を組みます。(食べやすい物の中から効果的な物を選ぶ)

依頼はこちらから↓

食事プラン(筋肥大 or 減量)を作ります こちらは食事プランのみになります | ダイエット・エクササイズの相談 | ココナラ
こちらは「食事プラン」を作成するサービスになります。【プランの中身】→筋肥大か減量(ダイエット)の食事プランを作ります。(キチンと消費カロリーの計算から行います...

僕の全ての知識と経験を見る→質問で疑問を解決

ここでは僕の今までの経験の全てを書いた物を見て頂きます。

内容↓

自分の目的に合う物を見て頂き、疑問などがあれば「購入者限定Q&Aコーナー」でじっくり長文で回答をしていきます。

note ご指定のページが見つかりません

コメント

タイトルとURLをコピーしました