【GIF解説】フェイスプルのやり方【耳に引く】

スポンサーリンク
三角筋 後部
スポンサーリンク

三角筋の後部を鍛えます。

ケーブルにロープのアタッチメントを
付けて顔まで引くことにより、
三角筋の後部に負荷を入れます。

やり方の中で大事になってくるのは、

①耳に引く
②肩甲骨を寄せない

 

♦重量設定
回数は10回~12回
で設定をするので、
その回数をギリギリできるぐらいで良いです。
ロープのアタッチメントは握りにくいので、
強く握っても負荷は前腕には逃げないです。

 

スポンサーリンク

フェイスプルのやり方

耳に引く

三角筋後部は腕が水平の状態で働くので、
引いたときに腕が水平じゃないといけません。
ヒジを上げた状態で耳に引くと水平になります

 

肩甲骨を寄せない

引く際に肩甲骨が寄ると、
僧帽筋への負荷の方が強くなります。

三角筋の後部は肩甲骨から腕の骨に付いているので、
肩甲骨の位置を固定して、
腕を後ろに
引いた方が負荷が入ります

真っ正面に引くより、少し外側に引きます。
(ロープを少し開くように引く)

最大限に引いたときに、
三角筋の後部(肩甲骨の外側)の上に
ロープが来るようにすると良いです。

 

まとめ

10回~12回がギリギリできる重量

大事なポイント
【耳に引く】
①三角筋の後部は腕が水平のときに働く。
②ヒジを上げた状態で耳に引くと水平になる。

【肩甲骨を寄せない】
①引くときに肩甲骨が寄ると僧帽筋に負荷が逃げる
②三角筋の後部は肩甲骨を寄せずに引いた方が
 負荷が入りやすい
③引くときにロープを少し開き外側に引く

この記事を書いた人
じーやま (山路和希)

元ラグビー選手(ヤマハ発動機)
筋トレが大好き。

筋肉が大きくなり、ラグビーのパフォーマンスが上がった経験から筋トレが好きになる。

このブログを通じて、皆さんの筋肉が大きくなるキッカケを作れたら嬉しいです。

InstagramやYouTubeでも筋トレを解説しています。
(下記のボタンから飛べます)

じーやま (山路和希)をフォローする
スポンサーリンク
三角筋 後部
スポンサーリンク
スポンサーリンク
じーやま筋トレブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました