【ジムvs家トレ】筋トレは継続することが一番大事【メリット&デメリットを解説】

スポンサーリンク
豆知識
スポンサーリンク

筋トレで一番大事なことは何ですか?」と聞かれれば、僕はこう答えます。

「継続すること」だと。

InstagramでのQ&Aを見てみると「すぐに体を変える方法を教えて下さい」ときます。

断言します。体はすぐには変わりません。

筋肉が「大きくなった」と実感できるぐらいまで、筋トレと食事を完璧にして最速で3ヶ月かかります。

これは「体脂肪を減らすのも一緒」です。

筋肉を大きくするのも、脂肪を減らすのも、絶対に時間がかかります。そのことを承知の上でトレーニングの計画を立てる必要があります。

「トレーニングの計画」と言っても、やるべきことは1つで自分が続けやすい環境でトレーニングするこれだけです。

この記事では

①ジムと家トレ、それぞれのメリット
②タイムスケジュールの紹介

を書いていきます。

 

ジムでするか、家でするか

現在は24時間ジムが増えてきたり、アマゾンで筋トレ器具が買えたり、筋トレが身近になってきたと思います。

なので、最初にどちらか選ぶ必要があります。

 

ジムと家トレの【メリット】

最初に両方のメリットを書いていきます。

【ジムのメリット】
①器具がたくさんある(色んな種目ができる)
②周りの人から刺激を受けれる
③施設によっては有酸素マシンやサウナなどがある
【家トレのメリット】
①時間を短縮できる
②周りの目を気にしなくて良い
③お金がかからない

それぞれメリットがあります。

ジムは筋トレ後に有酸素をやれば効率よく脂肪を落とせるし、汗をかいた後のサウナは最高です。(笑)

ちなみに僕は現在家で筋トレをしています。感想としては「これで充分!」

お金かからないし、好きなタイミングで好きなだけできます。

僕は今後ジムで筋トレをすることは無いと思います。

 

ジムと家トレの【デメリット】

では続いてデメリットを書いていきます。

【ジムのデメリット】
①お金がかかる
②好きなタイミングで筋トレできない
③移動が面倒臭い
【家トレのデメリット】
①スペースに困る
②できる種目が少ない(特に背中)
③重量が限られる

それぞれに特徴のあるデメリットがあります。

ジムに関しては自分のタイミングで種目を選べない可能性があります(先に取られている)。

そしてお金もかかるし、雨の日とか行くのが嫌になります。

家での筋トレは種目数や重量に限りがあります。

 

それぞれ適しているのは「こんな人」

ではここで、ジムに適した方、家トレに適した方を書いていきます。

【ジムでの筋トレに適した方】
①色んな種目をしたい方
②周りから刺激を受けた方が頑張れる方
③筋トレ後に有酸素やサウナに入りたい方
【家トレに適した方】
①筋トレに時間とお金をかけたくない方
②フィジークなどの大会に出ない方
③以前ジムに通っていた方

現在僕は家でしているので、家トレに関してもう少し詳しく書きます。

まず僕は筋トレ歴は10年以上あるので、筋トレにはある程度なれています。

そして、お金と時間を節約したいし、近くにジムも無いので家での筋トレをしています。

あと僕はフィジークなどの大会に出ることはありません。

大会に出るために筋肉を最大限大きくしないといけなくて、重い重量で強い負荷を筋肉に入れる必要があります。これは必ずジムでやらないとできないです。

でも僕は、筋トレ好きで、最低限の健康が欲しいぐらいなので家で充分です。

どれぐらいの筋肉をつけたいかは人それぞれですが、ボディビルダーのような筋肉以外は工夫すれば家トレでも付けれると僕は思います。

 

筋トレのタイムスケジュール(例)

ではここから大まかなタイムスケジュールを紹介します。

まず筋トレは、朝にやるのか、夕方にやるのかで、どちらか選びます。

最初に結論をいいますが、僕は筋トレは朝やっても、夕方やっても同じだと思っています。

結局これも「続けられる方でやる」のが一番です。

 

朝に筋トレをする場合

それでは簡単にタイムスケジュールを組んでいきます。

ちなみに筋トレと栄養摂取はセットなので、食事のタイミングも入れてあります。

5:00  プロテイン(筋トレ前の栄養摂取)
6:00  筋トレ開始
7:00  筋トレ終了→すぐにプロテイン
8:00  朝食
10:00 間食(プロテイン)
12:00 昼食
15:00 間食(プロテイン)
19:00 夕食

基本的に、筋トレ1時間前にプロテイン、筋トレ後にプロテイン飲んで1時間後に食事、という流れです。

仕事のスケジュールとかは全く分かりませんが、朝の筋トレ後にすぐに食事を摂れるなら、プロテインは無しで食事でいいです。(食事での栄養摂取が一番大事)

筋肉を大きくするには「1日のタンパク質の総摂取量」を多くする必要があるので、間食でプロテインを飲むのは効果的です。

 

夕方に筋トレをする場合

続いては夕方に筋トレをする場合のタイムスケジュールを紹介します。

7:00  食事
10:00 間食(プロテイン)
12:00 昼食
15:00 間食(プロテイン)
18:00 プロテイン(筋トレ前の栄養摂取) 
19:00 筋トレ開始
20:00 筋トレ終了→すぐにプロテイン
21:00 夕食

基本的に考え方は、朝に筋トレするのと一緒です。

 

まとめ

ジムのメリットとデメリット、適した人

①器具がたくさんあって色んな種目ができ、周りの人のトレーニングを見て刺激をもらえる。

②施設によっては筋トレ後に有酸素運動やサウナに入ることができる。

③しかし、お金がかかり、移動も面倒臭い(雨の日は特に)

色んな種目で鍛えたい人有酸素運動やサウナも目的の中の1つの人はジムで筋トレをした方が良い。

家トレのメリットとデメリット、適した人

自分の時間を短縮できて、お金がかからない

できる種目と重量が限られてくる。

③筋トレに時間とお金をかけたくない人、フィジークの大会に出ない人は家で筋トレした方が良い。

④ちなみに僕は家での筋トレで充分だと思っている。

この記事を書いた人
じーやま (山路和希)

元ラグビー選手(ヤマハ発動機)
筋トレが大好き。

筋肉が大きくなり、ラグビーのパフォーマンスが上がった経験から筋トレが好きになる。

このブログを通じて、皆さんの筋肉が大きくなるキッカケを作れたら嬉しいです。

InstagramやYouTubeでも筋トレを解説しています。
(下記のボタンから飛べます)

じーやま (山路和希)をフォローする
スポンサーリンク
豆知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
じーやま筋トレブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました