スポンサーリンク

【GIF解説】インクライン・フライ【ヒジの角度、握り方】

大胸筋 上部
スポンサーリンク

斜めに座ってダンベルフライをします。

斜め寝て行うインクライン種目は、
基本的に大胸筋の上部を鍛えます。

大胸筋の上部は中部同様に、
「紡錘状筋:ぼうすいじょうきん」と言い、
筋繊維が一定方向の筋肉です。

こういった筋肉は、
ストレッチさせる負荷が有効です。

フォームの中で大事になってくるのは、

①ベンチ台に寝て胸を張る
②ダンベルを軽く握る
③ヒジから下ろす

♦重量設定

ストレッチがメインの種目なので、
ダンベルフライと同じぐらいの重量で良いです。

高重量だとダンベルを強く握ってしまい、
負荷が腕に行って胸をストレッチできなくなります

フォーム解説

ベンチ台に寝て胸張る

胸をストレッチさせる種目は、
肩甲骨を限界まで寄せたほうが良いです。

肩甲骨を寄せると胸に角度がつきます。

この時に胸を張るように座ると、
肩甲骨を寄せやすくなります。

ダンベルを軽く握る

ストレッチが目的なので、
高重量にこだわる必要はありません

重量が重すぎると、
強く握らなければならなければいけません。

ストレッチさせるのに適した重量
で行いましょう。

ちなみに僕は全然握っていません。

ヒジから下ろす

今回鍛える大胸筋は、
全て腕の骨で終わる筋肉です。

なので、ストレッチさせる場合は、
手からではなく、ヒジから下ろします
(ヒジのが近いので)

カウンセリング→食事スケジュール作成

直接メッセージのやり取りをさせて頂き、目的(筋肥大orダイエット)に沿った食事プランを作成します。イメージ的には、今の食事を劇的に変えるより「長く続けられるようなプラン」を組みます。(食べやすい物の中から効果的な物を選ぶ)

依頼はこちらから↓

食事プラン(筋肥大 or 減量)を作ります こちらは食事プランのみになります | ダイエット・エクササイズの相談 | ココナラ
こちらは「食事プラン」を作成するサービスになります。【プランの中身】→筋肥大か減量(ダイエット)の食事プランを作ります。(キチンと消費カロリーの計算から行います...

コメント

タイトルとURLをコピーしました