【GIF解説】インバーティッドロウイングのやり方【自重けんすい】

スポンサーリンク
広背筋
Processed With Darkroom
スポンサーリンク

自重で広背筋を鍛えます。

広背筋のすぐ上は肩甲骨です。
直接つながっている訳ではないですが、
この2つは動きかたに深い関係性があります。
肩甲骨の動き方」を意識していきましょう。

やり方のなかで大事なのは、

①ぶらさがって肩甲骨を開く
②胸を張ってみぞおちに引く

♦回数設定
自重ですが結構キツいです。
可動域を大きくするので、
10回×3セットでよいでしょう。

 

スポンサーリンク

インバーティッドロウイングのやり方

ぶらさがって肩甲骨を開く

下げたときは肩甲骨を最大限開き
上げたときは肩甲骨を最大下寄せる。

この2つを交互に行うことにより
広背筋に負荷が入るので、
背中を丸めてぶらさがり、
肩甲骨を開きましょう。

 

胸を張ってみぞおちに引く

引いたときの肩甲骨の位置としては
最大限寄って下げる」ぐらいです。

難しく考えずに、
引く場所を「みぞおち」にすれば、
最大限に肩甲骨が寄せながら
広背筋が収縮している状態を作れます。

当然、この時は胸を張ります

 

まとめ

回数設定:10回×3セットでも充分キツイ

大事なポイント
【ぶらさがって肩甲骨を開く】
①最大限に肩甲骨を開くことが重要
背中を丸めてぶら下がると良い。

【胸を張ってみぞおちに引く】
①肩甲骨を寄って下げるイメージで引く。
難しく考えず、みぞおちに向かって引けば良い
③当然、引くときは胸を張る

この記事を書いた人
じーやま (山路和希)

元ラグビー選手(ヤマハ発動機)
筋トレが大好き。

筋肉が大きくなり、ラグビーのパフォーマンスが上がった経験から筋トレが好きになる。

このブログを通じて、皆さんの筋肉が大きくなるキッカケを作れたら嬉しいです。

InstagramやYouTubeでも筋トレを解説しています。
(下記のボタンから飛べます)

じーやま (山路和希)をフォローする
スポンサーリンク
広背筋背中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
じーやま筋トレブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました