【GIF】ラットプルダウン(パラレルグリップ)のやり方【胸に引く】

スポンサーリンク
広背筋
スポンサーリンク

パラレルグリップで広背筋を鍛えます。

通常のラットプルダウンからグリップを変え
手のひらが向かい合わせになるようにして
広背筋を鍛えます。

変えるメリットとしては、
「広背筋に負荷が入りやすくなる」です。

やり方に関しては通常のと変わらず、

①肩甲骨を下ろす
②胸に引く

重量設定
足をしっかり固定することができるので、
高重量でやりやすいです。

今回はパラレルグリップで行い、
広背筋に効かせやすいので、
最初の「肩甲骨を下げる」がとても大事です。

このことを意識できない重量では
やるべきではないです。

お知らせ

ラットプルダウンのやり方

パラレルグリップのメリット

パラレルグリップで持つと、
手のひらが向かい合う形でバーを持ちます。
こうなると広背筋に負荷が入りやすくなります。

ここで重要になってくるのは
どこの補助筋を使うか」という事です。

通常のオーバーグリップの場合、
広背筋にも負荷は入っていますが、
三角筋の後部が補助筋として使われています。
(手のひらの向きの関係で)

反対のリバースグリップ(逆手)の場合、
上腕二頭筋が補助筋として使われます。

そしてパラレルグリップで
手のひらが向かい合わせになると、
三角筋後部も上腕二頭筋もうまく働けなくなり
その変わり広背筋を使って引きやすくなります。

肩甲骨を下げる

今回鍛える広背筋は肩甲骨の下にあり、
骨盤から腕にかけて付いています。

肩甲骨の位置を下げると、
一緒に腕の位置も下がり、
広背筋を使いやすくなります。

あとラットプルダウンは座ることにより、
骨盤の位置を固定することができます。

筋トレは筋肉の伸び縮み運動なので、
事前に肩甲骨を下げて
広背筋を縮めやすくすることが有効です。

胸に引く

胸を引くことにより、
胸を張った状態になります。

そうすると、
腕と骨盤の位置が近づき、
さらに広背筋を強く縮めることができます。

まとめ

重量設定:足を固定できつので
高重量を扱いやすい。

【パラレルグリップのメリット】
①広背筋以外の筋肉が働きづらくなり、
負荷が入りやすくなる。

大事なポイント
【肩甲骨を下げる】
①広背筋は腕から骨盤まで付いており、
肩甲骨の下にある。
②足を固定しているので、
肩甲骨を下げると腕も下がり
 縮めやすくなる

【胸に引く】
①胸に引くと胸を張った状態で引くことになる。
②すると腕と骨盤が近づき
さらに縮み、負荷が入る。

この記事を書いた人
じーやま (山路和希)

元ラグビー選手(ヤマハ発動機)
筋トレが大好き。

筋肉が大きくなり、ラグビーのパフォーマンスが上がった経験から筋トレが好きになる。

このブログを通じて、皆さんの筋肉が大きくなるキッカケを作れたら嬉しいです。

InstagramやYouTubeでも筋トレを解説しています。
(下記のボタンから飛べます)

じーやま (山路和希)をフォローする
お知らせ
スポンサーリンク
広背筋背中
スポンサーリンク
じーやま筋トレブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました