【GIF解説】レッグレイズのやり方【足を下げ過ぎない】

スポンサーリンク
腹筋
スポンサーリンク

足の上げ下げをして腹筋を鍛えます。

ここで主に鍛えられるのは
腹筋の下部です。
ただ単純に上げ下げするだけですが、
早く下げると腰を痛める可能性があります。

やり方の中で大事になってくるのは、

①体は90度より狭くしない
②足を下げ過ぎない

♦回数設定
レッグレイズは単純な動作なので、
15回~20回行いましょう。

でも早くやり過ぎると、
深い位置まで下げてしまい、
腰を痛める原因になります。

ゆっくり丁寧に多くの回数をこなしましょう。

スポンサーリンク

レッグレイズのやり方

体は90度より狭くしない

体が90度より狭くなると、
腹筋から負荷が抜けます。

常に負荷が入っている状態をキープするために
足を上げて90度の位置まで来たら、
それより上げるのはやめましょう

足を下げ過ぎない

下げるスピードにもよりますが、
足を早く下げて、
体が180度より開くと
腰をケガする確率が高くなります。

ちなみにゆっくり下げると
ケガのリスクはかなり減ります。

体が180度に開けば
骨盤から付いている腹筋が、
ストレッチされるメリットがあります。

でも腰をケガすると他の種目でも
支障が出てくるので、
「ケガをしない」を最優先にして
トレーニングをしましょう。

まとめ

回数設定:ゆっくり15回~20回

大事なポイント
【90度の角度まで上げる】
①足が90度より狭くなると、
負荷が抜ける
②常に負荷が入っている状態にするために
足が90度の位置まで来たら下げる

【足を下げ過ぎない】
①足を早く下げて体が180度より開くと
腰をケガする可能性が高くなる。
②ゆっくり上げ下げすると、
ケガのリスクはかなり減る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました