スポンサーリンク

【ランジのやり方】鍛えにくい所を鍛える方法

大腿二頭筋
スポンサーリンク

足を開いて下ろす種目、スクワットでは鍛えにくいモモの付け根やお尻を鍛えることができます。

ランジが他の種目と大きく違うところは「歩いて鍛えれる」所にあります。歩く場合も今回説明する視線や足の開き方の話など、応用することができるので、ぜひ試して見てください。

やり方解説

ダンベルで行うこともできますが、バーの方が負荷をかけたい所に重心を乗せやすいので、やるならバーをオススメします。

視線は前を向く

視線の違いで下ろす時の角度が変わってきます。前を向いた場合は股関節から降りて、負荷はモモの付け根やお尻にきます。下を向いた場合は膝から降りるので、負荷は膝の周辺に行きます。

足の開き方

足を「大きく開く」か「狭く開く」かで負荷の入る位置が微妙に変わってきます。足を大きく開いた場合は大腿二頭筋、足を狭く開いた場合は大殿筋に入りやすくなります。

理想の体になるのをお手伝いします

カウンセリング→食事スケジュール作成

直接メッセージのやり取りをさせて頂き、目的(筋肥大orダイエット)に沿った食事プランを作成します。

イメージ的には、今の食事を劇的に変えるより「長く続けられるようなプラン」を組みます。(食べやすい物の中から効果的な物を選ぶ)

依頼はこちらから↓

食事プラン(筋肥大 or 減量)を作ります こちらは食事プランのみになります | ダイエット・エクササイズの相談 | ココナラ
こちらは「食事プラン」を作成するサービスになります。【プランの中身】→筋肥大か減量(ダイエット)の食事プランを作ります。(キチンと消費カロリーの計算から行います...

コメント

タイトルとURLをコピーしました