【GIF解説】ライイングリアレイズのやり方【目の前に下ろす】

スポンサーリンク
三角筋 後部
スポンサーリンク

後部は負荷を入れるのが難しい部位ですが、

この種目は、簡単に高い負荷を入れることができるのでオススメです。

やり方で大事になってくるのが、

①目の前に下ろす
②ダンベルを遠くで上げる

 

スポンサーリンク

鍛える部位

肩の三角筋の後ろ側にある後部

引く動作でも使われるのですが、負荷が入りずらく単体で鍛えないと大きくならないです。

 

重量について

軽い重量でもキツイ負荷を入れることができます。

僕はいつもkgですごくキツイ負荷を入れれています。

 

ライイングリアレイズのやり方

目の前に下ろす

まず後部は、肩甲骨から腕の骨までついています。

下げた時は、この両方を離すようにすれば負荷のレベルが上がるので、顔の前あたりに下ろします。

すると付着部同士が大きく離れ、下ろした時にストレッチを強く感じることができます。

 

ダンベルを遠くで上げる

基本的に肩の種目では、重量を遠くで上げ下げした方が負荷が入りやすくなります。

この種目でも同じで、顔の前に下ろし、上げる時は遠くを通しながら上がると、さらに負荷が入りやすくなります。

まとめ

・後部は負荷が入りにくい場所だけど、この種目は一番後部に負荷が入りやすい種目

・目の前に下ろすと、両方の付着部が離れて強くストレッチされる。

・そこから遠くを通って上げると、負荷がさらに入りやすくなる。

この記事を書いた人
じーやま (山路和希)

元ラグビー選手(ヤマハ発動機)
筋トレが大好き。

筋肉が大きくなり、ラグビーのパフォーマンスが上がった経験から筋トレが好きになる。

このブログを通じて、皆さんの筋肉が大きくなるキッカケを作れたら嬉しいです。

InstagramやYouTubeでも筋トレを解説しています。
(下記のボタンから飛べます)

じーやま (山路和希)をフォローする
スポンサーリンク
三角筋 後部
スポンサーリンク
スポンサーリンク
じーやま筋トレブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました