【GIF解説】ライイングリアレイズのやり方【肩甲骨を開きながら上げ下げする】

スポンサーリンク
三角筋 後部
スポンサーリンク

寝てリアレイズをします。

負荷を入れるのが難しい
三角筋の後部を鍛えます。
主導筋として動かせる範囲で行うので、
集中的に鍛えることができます。

やり方の手順として

①腕を伸ばす
②肩甲骨を開きながら上げ下げする

♦重量設定
重量の重さで負荷のレベルを上げるより、
正確なフォームで的確に負荷を入れて
回数を多くした方が良いです。

なので、重量は軽く回数は15ほど
行うと良いでしょう。

スポンサーリンク

ライイングリアレイズのやり方

腕を伸ばす

この種目で一番重要なのは
肩甲骨を開くこと」です。
なので、一番最初に腕を伸ばし、
肩甲骨を開きます。

肩甲骨を開きながら上げ下げする

ダンベルが体から遠い位置にあると
重量は三角筋の後部に乗っています。
この状態で上にあげるのですが、
肩甲骨が開いている状態」を常にキープします。

上げすぎて肩甲骨が寄った状態になると、
三角筋後部から負荷が抜けます

そして下げるときはストレッチさせます。
この時にダンベルは軽く握ると良いです。

肩甲骨が開いた状態で上にあげると収縮され、
下までさげるとストレッチされる。
この繰り返しで負荷を入れていきいます。

まとめ

重量設定:回数を多くした方が良いので軽い重量。

回数:15

大事なポイント
【腕を伸ばす】
①この種目で一番大事なのは「肩甲骨を開く
なので最初に腕を伸ばして肩甲骨を開く。

【肩甲骨を開きながら上げ下げする】
肩甲骨が開いている状態を常にキープする。
②上げ過ぎると肩甲骨が寄ってしまい、
 負荷が抜けてしまう
③下までさげる時は軽く握りストレッチさせる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました