【GIF解説】ナローラットプルダウンのやり方【一番上まで伸ばす】

スポンサーリンク
広背筋
スポンサーリンク

広背筋をストレッチして鍛える種目

手幅を狭くして行います。
このことにより、
上げたときに広背筋がストレッチされます。
伸ばす負荷を入れれる数少ない種目です。

やり方の中で大事なのは

①一番上まで伸ばす
②足の位置を固定して引く

♦重量設定
可動域が広い種目なので、
重すぎると動かす幅が限られてきます。
「広く動かせる」を基準にして
重量設定を行ってください。

 

スポンサーリンク

ナローラットプルダウンのやり方

一番上まで伸ばす

広背筋は腕から骨盤にかけて付いています。
手幅が狭いほうが2つの距離は離れるので
ストレッチされます。

 

足の位置を固定して引く

この種目が広背筋のストレッチに適しているのは
付着部である骨盤を固定できる所にあります。
片方は動かし、もう片方は固定した方が
ストレッチのレベルは上がります。

 

まとめ

重量設定:広く動かせれる重量。

大事なポイント
【一番上まで伸ばす】
①広背筋は骨盤から腕まで付いている。
②手幅が狭いほうが2つの距離が離れるので
ストレッチされる。

【足の位置を固定して引く】
①ストレッチ種目は片方を固定した方が
伸ばすレベルが上がる。
②広背筋は骨盤から付いているので、
足の位置を固定して引くとよい

コメント

タイトルとURLをコピーしました