【GIF解説】ワンハンドケーブルローイングのやり方【一番上まで伸ばす】

スポンサーリンク
広背筋
スポンサーリンク

上からケーブルを引いて鍛えます。

ケーブルで片手で行うことにより、
最大限にストレッチして、
限界まで収縮させることができます。

やり方で大事なのは、

①一番上まで上げる
②胸を張って限界まで引く

♦重量設定
可動域が大きくしながら、
重量は限界まで重くしましょう。

この種目は、
ストレッチと収縮の幅を
大きくできる種目なので、
可動域を大きくできないと、
やる意味がありません。

スポンサーリンク

ワンハンドケーブルローイング

一番上まで上げる

広背筋は骨盤から腕まで付いています。
ヒザを付いているので、
腕を上に伸ばせばストレッチされます。

この時に軽く握らないと
ストレッチされません
(手を引っかけるイメージ)

胸を張って限界まで引く

引くときは強く握り
思いっきり引きます。

腕と骨盤を近づけないと
広背筋は収縮されないので、
胸を張り、
ヒジを限界まで引きます。

まとめ

重量設定:可動域をキープしながら
限界まで重くする。

大事なポイント
【一番上まで上げる】
①広背筋は骨盤から腕まで付いている。
②ヒザを付いているので、
腕を上に伸ばせばストレッチされる。
③このときは軽く握る

【胸を張って限界まで引く】
①引くときは強く握り
思いっきり引く。
②腕と骨盤を近づかせるために
胸を張り、
ヒジを限界まで引く。

コメント

タイトルとURLをコピーしました