【GIF解説】ワンハンド サイドレイズ【足の位置、握り方】

スポンサーリンク
三角筋 中部
スポンサーリンク

片手でサイドレイズをして集中的に鍛えます。

肩を鍛える種目の中で
三角筋の中部を中心に
負荷を入れるのは難しいです。
(フォームを正確にしないといけない)

僧帽筋の上部と働きが似ているため
一緒に負荷が入ることがあります。
(悪いことではないが・・・)

でも、片手でサイドレイズを行うと、
三角筋中部を中心に負荷が入ります

フォームの中で大事なのは、

①軽く握り、手首を曲げる
②片足で立つ
③肩を支点にして上げる

♦重量設定

両手で行うサイドレイズと同じ考えで、
高回数ができる重量で行うと良いです。
(15回~)

小さい筋肉で回復も早いので、
レストも40秒~60秒で行いましょう。

 

スポンサーリンク

フォーム解説

軽く握り、手首を曲げる

 

両手で行うサイドレイズと同様です。
強く握ってしまうと、
筋肉はストレッチされないので、
軽く握ります。

手首も曲げる事により
上げた時に負荷が逃げなくなります
吊っている」イメージで行ってください。

片足で立つ

重心を片足にする事により、
肩を支点にすることができます。

肩を支点にして上げる

両手で行うサイドレイズの支点は体
片手で行う場合はになります。
なので、片足に重心が乗っている限り、
簡単に効かせることができます。

上げる時に首を肩の方に傾けると
さらに重心が乗る感覚がつかめます

まとめ

重量設定:軽めで高回数できるぐらい

回数:15回~

レスト:40秒~60秒

大事なポイント

【軽く握り、手首を曲げる】
①強く握ると筋肉はストレッチされない
②手首を曲げると負荷が逃げなくなる
吊っているイメージで行う。

【片足で立つ】
支点が肩になる。

【肩を支点にして上げる】
①片足に重心がある限り
簡単に効かせることができる
②上げたときにアゴを引きながら
首を傾けると、さらに重心が乗る

この記事を書いた人
じーやま (山路和希)

元ラグビー選手(ヤマハ発動機)
筋トレが大好き。

筋肉が大きくなり、ラグビーのパフォーマンスが上がった経験から筋トレが好きになる。

このブログを通じて、皆さんの筋肉が大きくなるキッカケを作れたら嬉しいです。

InstagramやYouTubeでも筋トレを解説しています。
(下記のボタンから飛べます)

じーやま (山路和希)をフォローする
スポンサーリンク
三角筋 中部
スポンサーリンク
スポンサーリンク
じーやま筋トレブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました