【腕を太くする③】プレスダウン解説

スポンサーリンク
上腕三頭筋
スポンサーリンク
じーやま
じーやま

プレスダウンはこんな感じでやります。

アゴ上げる意味ある?

 

じーやま
じーやま

アゴを上げた方が、上腕三頭筋を収縮させやすいです。

 

プレスダウンは、ケーブルを下に引くだけのシンプルな種目です。この中でも、握り方、引く方向、アゴの上げ下げを意識して、上腕三頭筋に効かせて行きましょう。

 

 

細かく大事なポイントを言うと、
①サムレスグリップで握る
②脇を閉めながら、体の近くに引く
③引いた時にアゴを上げる

 

 

それではいってみましょう。

 

 

スポンサーリンク

やり方を解説

 

 

サムレスグリップで握る

これは、ナローベンチプレス、ライイング・トライセプスEXの時と考え方は一緒です。上腕三頭筋に効かすためには、小指などを支配する「尺骨神経:しゃっこつしんけい」経由で負荷を乗せるのが一番です。

 

 

サムレスグリップで握り、小指などの外側3本の指で、押す/引くを行って下さい。

 

 

脇を閉めながら、体の近くに引く

 

普通のヒジの曲げ伸ばしは、外側頭に負荷が乗ります。しかし、それにプラスして脇を閉めながら、体の近くまで引くと、長頭にも負荷を与えることができます

 

 

 

これは長頭が肩甲骨から付いているので、脇を閉めて長頭の起始(肩甲骨)を固定した為に、負荷が乗るようになりました

 

 

引いた時にアゴを上げる

 

アゴを上げると、上腕三頭筋を収縮しやすくなります

 

 

例え話ですが、上腕二頭筋を鍛える時にアームカールをすると思います。カールする時にアゴを引いてするのと、アゴを上げてするの、どちらがやりやすいでしょうか?

 

 

間違いなく、全員が「アゴを引いてアームカールをする」と答えるでしょう。理由はアゴを引いた方が上腕二頭筋が収縮しやすいからです。上腕二頭筋の逆側に付く上腕三頭筋は、アゴの使い方も逆です。

 

 

上腕三頭筋のトレーニングはアゴを上げましょう。

 

 

まとめ

・サムレスグリップで引き、外側3本の指で引く。

・脇を閉めながら、体の近くに引く。(脇を閉めることにより、長頭に負荷を乗せれる)

・引いた時にアゴを上げる。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました