【GIF解説】リバースカールのやり方【ヒジを引く】

スポンサーリンク
上腕筋
スポンサーリンク

腕の筋肉を鍛えます。

上腕二頭筋のトレーニングに見えますが、
ここで鍛える筋肉は、
腕橈骨筋(わんとうこつきん)
上腕筋(じょうわんきん)です。

2つの筋肉の働き方は
上腕二頭筋と一緒で「ヒジを曲げる」です。

アームカールのときも負荷が入っています。
今回はこの2つを中心に鍛えるので、
上腕二頭筋が働きづらい状態で鍛えるのが
一番大事です。

やり方の中で大事なのは、

①ヒジを引く
②手首をまっすぐ固定する

重量設定
手首をまっすぐにするので、
常に強く握る必要があります。
でも主導筋の力は強くないです。

回数は10回くらいの範囲で、
高重量に挑戦してみてください。

スポンサーリンク

リバースカールのやり方

ヒジを引く

ヒジを引いた状態にすると、
上腕二頭筋は働きづらくなります。

これは上腕二頭筋が2関節をまたぎ、
上腕骨と腕橈骨筋は1関節
またいでいるからです。

上腕二頭筋は肩甲骨からヒジまでなので、
この2つの距離が近くならないと収縮しません
なのでヒジの位置は
体の前に来なくてはいけません。

上腕筋と腕橈骨筋は
ヒジの関節だけをまたいでいるから、
ヒジを曲げただけで収縮されます。

なのでヒジを引くと、
ヒジは肩甲骨に近づかないので、
上腕二頭筋は収縮されず、
結果働きません。

ヒジは曲がるので、
上腕筋と腕橈骨筋は働きます。

手首はまっすぐする

手首は曲がると、負荷が逃げます。
なのでまっすぐ固定しましょう。

固定するためには当然強く握ります。

今回の種目はストレッチを
する必要はないので、
常に手首をまっすぐするために
強く握り続けましょう。

まとめ

重量設定:10回ぐらいできる範囲で重くする。

大事なポイント
【ヒジを引く】
①上腕二頭筋は肩甲骨からヒジまで付いているので、
ヒジを引くと、この2つが近づかないので、
うまく働けなくなる。
(ヒジが体の前に来なくてはいけない)
②腕橈骨筋と上腕筋はヒジの関節をまたいでいる
だけなので、ヒジを曲げただけで収縮される。

【手首はまっすぐ】
①手首は曲がると負荷が逃げる。
②今回はストレッチさせないので常に強く握る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました