【GIF解説】ルーマニアンデッドリフトのやり方【胸を張って下ろす】

スポンサーリンク
大腿二頭筋
スポンサーリンク

モモ裏を鍛えます。

骨盤からつく大腿二頭筋を
ストレッチさせて鍛えます
(手で持っているバーを
肩に担ぐとスティフレックデッドリフトになります。)

やり方の中で大事なのは、

①骨盤幅で立つ
②胸を張って下ろす

♦重量設定
ストレッチさせるのに必要な重量で行います。
無理な重量で、
バーを深く下げると、
肉離れの危険性が高くなります

スポンサーリンク

ルーマニアンデッドリフトのやり方

骨盤幅で立つ

骨盤幅で立つと、
重心をモモ裏だけで支えるようになります。
この状態でストレッチさせます。

腰幅から1歩広く立ち、
肩幅で立つと、
お尻の力でも支えるようになり。
モモ裏だけをストレッチできなくなります。

胸を張って下ろす

デッドリフト系の種目全般に言えることですが、
背中が丸くなって下ろすと腰をケガします。

このときに肩甲骨を寄せて胸を張る
姿勢が良くなるので、
常に胸を張った状態にしましょう。

まとめ

重量設定:ストレッチされるのに必要な重量。
無理な重量だとケガをする可能性がある。

大事なポイント
【骨盤幅で立つ】
①骨盤幅で立つと、重心をモモ裏だけで支える。
②モモ裏で重心を支えている状態で
ストレッチさせるのが一番良い。
③広く立つとお尻の力を使うようになり、
モモ裏だけをストレッチできなくなる

【胸を張って下ろす】
①デッドリフト系の種目は
背中を丸くして下ろすと腰をケガする。
②ケガを予防するために、
肩甲骨を寄せ胸を張る

コメント

タイトルとURLをコピーしました