【GIF解説】ロープフレンチプレスのやり方【2段階で上げる】

スポンサーリンク
上腕三頭筋
スポンサーリンク

上腕三頭筋を鍛えます。

ケーブルにロープのアタッチメントを付けます。
ここで重点的に狙うのは、
上腕三頭筋の中の「長頭」です。

やり方で大事なのは

2段階で上げる
②一番先でロープを広げる

♦重量設定
上腕三頭筋は筋繊維の多い羽状筋なので、
重い重量の方が効果的です。

しかし、あとに出てくる「2段階で上げる」を
やらないと長頭にうまく効かせれないので、
重量を重くしつつ、2段階でできる重量がいいです。

スポンサーリンク

ロープフレンチプレスのやり方

2段階で上げる

今回は肩甲骨から付いている長頭を狙います。
(内側頭と外側頭にも負荷は入っている)

長頭に負荷を入れるためには
当然ストレッチさせないといけません。

肩甲骨から付いているので
手を後ろにすればいいのですが、
長頭はヒジまで付いているので
ヒジを後ろ」にした方がいいです。

ヒジを後ろにするためには
2段階でやった方がやりやすく、
ヒジを曲げるヒジを引く(後ろ)
のようにやるとストレッチされます。

一番先でロープを広げる

ストレッチさせたら次に収縮させるのですが、
一番先でロープを広げると、
ヒジが伸びて収縮されやすくなります。

肩からヒジにかけて付いているので、
収縮のためにヒジを伸ばすのは
絶対条件です

広げる時は小指で強く握ります。
(尺骨神経を使い負荷が乗りやすくなる)
このときに親指では握りません。

まとめ

重量設定:2段階でできる範囲で高重量

大事なポイント
2段階で上げる】
①今回は肩甲骨から付いている
長頭を中心に負荷を入れる。
②長頭は肩甲骨からヒジまで付いているので
ヒジを後ろに下げるとストレッチできる。
ヒジを曲げるヒジを引く
2段階でやるとやりやすい。

【一番先でロープを広げる】
①一番先でロープを広げると
ヒジが伸びて収縮されやすくなる。
②上腕三頭筋は肩からヒジまで付いているので
収縮させるために、
ヒジは必ず伸ばさないといけない。
③広げる時は小指で強く握る。
親指では握らない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました