【GIF解説】シーテッドリアレイズのやり方【遠くに上げる】

スポンサーリンク
三角筋 後部
スポンサーリンク

座ってリアレイズをします。

三角筋の後部を鍛えるリアレイズ
負荷を入れるのが難しい種目です。
でも座ってリアレイズをやれば、
負荷を入れやすくなります。

やり方の中で大事なのは、

①前かがみになる
②遠くに上げる

♦重量設定
回数が多くできる重量
が良いです。

固定されいてる所が多く、
反動が使いにくいです。
その中で15できるぐらいの
重量が良いでしょう。

スポンサーリンク

シーテッドリアレイズのやり方

前かがみになる

三角筋の後部は
肩甲骨から付いています
姿勢を前かがみにして
肩甲骨から上げる意識を持つとよいです。

遠くに上げる

ダンベルが遠くに行った方が
三角筋後部に負荷が乗りやすくなります

ヒジをなるべく伸ばして軽く握り、
遠くへ上げましょう。

まとめ

重量設定:反動を使えない状態で、
     15回くらいできる重量。

大事なポイント
【前かがみになる】
①三角筋の後部は肩甲骨からついている。
②前かがみになり、肩甲骨から上げる。

【遠くに上げる】
①ダンベルは遠くに行った方が
三角筋後部に負荷が乗る
②ヒジはなるべく伸ばして軽く握る。

この記事を書いた人
じーやま (山路和希)

元ラグビー選手(ヤマハ発動機)
筋トレが大好き。

筋肉が大きくなり、ラグビーのパフォーマンスが上がった経験から筋トレが好きになる。

このブログを通じて、皆さんの筋肉が大きくなるキッカケを作れたら嬉しいです。

InstagramやYouTubeでも筋トレを解説しています。
(下記のボタンから飛べます)

じーやま (山路和希)をフォローする
スポンサーリンク
三角筋 後部
スポンサーリンク
スポンサーリンク
じーやま筋トレブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました