【GIF解説】サイドベントのやり方【みぞおちを中心に曲げる】

スポンサーリンク
腹筋
スポンサーリンク

腹筋の横にある腹斜筋を鍛えます。

腹斜筋は体をひねる・傾ける動作に
関係してくる筋肉です。
スポーツでも必要になってくるでしょう。

腹筋といわず、
これは筋肉ぜんたいに言えることですが、
同じ負荷を入れつづけると、
筋肉は大きくなりません
たまに負荷を変える意味で
やってみるのも良いです。

大事になってくるのは、

①ダンベルを軽く持つ
②みぞおちを中心に曲げる

♦回数設定

持つ重量にこだわるより
回数にこだわった方が良いです。

10回では多分よゆうがあるので、
20回~30回ぐらいやっていいです。

やり方解説

ダンベルは軽くにぎる

Processed With Darkroom

パワーグリップなどを使い、
軽くにぎると良いです。

強くにぎると腕に力が入ります

ダンベルを下げて戻すときに
腹斜筋で戻さなくてはいけないのに、
強く握ってしまうと、
腕の力で戻してしまいます

みぞおちを中心に曲げる

腹斜筋は、
内腹斜筋(奥にある)
外腹斜筋(表面にある)
別れます。

サイドベントでは、
どちらも負荷が入ります
どちらの筋肉も、
付着部がたくさんあり、
解剖学をもとに
フォームを考えるのは難しいです。

でもだいたい、
みぞおちを中心にして
ダンベルをまっすぐに下げれば
負荷は入ります。

筋トレメニュー&食事スケジュール

筋肉を大きくする為には、筋トレのメニューを組む必要があり、限られた時間でどこを鍛えるかがとても重要です。

そして、筋肉は食事やサプリメントなどの栄養摂取をちゃんとしないと絶対に大きくなりません。

そこで元プロラグビー選手の僕が、1ヶ月分の筋トレメニュー(週2〜週4)と体格別の食事スケジュールを考えました。

詳しくは↓

ジム【筋肉をデカくする】筋トレ&食事法|じーやま(山路和希)|note
元プロラグビー選手の経験を元に、週2〜週4の筋肥大メニュー(30通り)と、増量目的の食事&サプリメントスケジュール(朝〜晩まで)を作成しました。
この記事を書いた人
じーやま (山路和希)

元ラグビー選手(ヤマハ発動機)
筋トレが大好き。

筋肉が大きくなり、ラグビーのパフォーマンスが上がった経験から筋トレが好きになる。

このブログを通じて、皆さんの筋肉が大きくなるキッカケを作れたら嬉しいです。

InstagramやYouTubeでも筋トレを解説しています。
(下記のボタンから飛べます)

じーやま (山路和希)をフォローする
スポンサーリンク
腹筋
スポンサーリンク
スポンサーリンク
じーやま筋トレブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました