【GIF解説】スミスマシン・インクラインプレスのやり方【胸を張る】

スポンサーリンク
大胸筋 上部
スポンサーリンク

スミスマシンで大胸筋の上部を鍛えます。

普通のインクラインプレスと違い
バーの軌道が固定されているので
はじめの座る位置が大事です。
鎖骨の上にバーが来るように座りましょう

やり方の中で大事になるのは、

①胸を張る
②肩甲骨で重量をうける

♦重量設定

ベンチプレスと同じで
重量を重くしていきましょう。
バーの軌道が固定されているので、
普段より上がると思います。

 

スポンサーリンク

スミスマシン・インクラインプレスのやり方

胸を張る

すべての胸の種目では
肩甲骨を寄せることが大事です。
大胸筋と肩甲骨の動きの関係は深く、
胸を張っている時は肩甲骨がよっています。

このことにより
胸に角度がつき大胸筋がストレッチされます。
筋肉はストレッチされた状態で鍛えると
筋肥大されやすくなります

 

肩甲骨で重量をうける

ケガをしない為にします。
最初に肩で重量をうけた場合、
下げた時に肩を痛めます。

バーを上げて肩甲骨に重量を乗せてから下げてください。

肩甲骨の上に大胸筋があるので、
重量を肩甲骨でうけることは
正しい場所に負荷を入れることにも繋がります

ちなみに肩甲骨で重量をうけるためには
肩甲骨が寄っていることが条件です。

 

まとめ

重量設定:重量は重くしていく。
レスト:60秒~90秒

大事なポイント
【胸を張る】
①胸と肩甲骨は連動している。
②肩甲骨が寄ると胸がストレッチされ
 筋肥大されやすくなる

【肩甲骨で重量をうける】
①ケガをしない為に必要
肩甲骨の上に大胸筋があるので、
 正しい場所に負荷を入れる為に必要

コメント

タイトルとURLをコピーしました