【GIF解説】スミスマシンロウイングのやり方【おへそに引く】

スポンサーリンク
広背筋
スポンサーリンク

バーの起動が固定された状態で鍛えます。

 

ベントオーバーロウをスミスマシンで
行うイメージです。

フォームに関してはまったく同じです。
しかし、ここでの映像は、
上半身を固定した状態」で引いています。
理由は、常に広背筋に負荷を入れれるからです。

やり方の中で大事になってくるのは

①肩幅で立ち重心は股関節
②おへそに引く

♦重量設定
先ほども書きましたが、
上半身を固定した状態で引くので、
広背筋が結構パンプしてきます。

そしてこの状態では高重量を引くことは
できないので、
コントロールできる重量で回数をするのが
良いでしょう。

高重量で行う場合は、
バーを足首まで下げる形で
上半身を前に倒してから引きます。

詳しくはこちらの記事

 

スポンサーリンク

スミスマシンロウイングのやり方

肩幅で立ち重心は股関節

広背筋に効かせるためには、
股関節に重心を置かなければならない

股関節に重心を置くためには、
肩幅で立って、
お尻が使えるようにしないといけない。

仮に骨盤幅で立って引いたときは
僧帽筋に負荷が逃げます。

 

おへそに引く

広背筋は骨盤から腕までついているので
ちょうど真ん中のおヘソに引くと
広背筋をうまく使えます

引いたときは強く握って、
収縮させることを意識してください。

まとめ

【重量設定】
パンプさせたい場合は上半身を固定させ、
軽い重量で高回数おこなう。
固定しない場合は高重量で、
少ない回数おこなう。

大事なポイント
【肩幅で立ち重心は股関節】
①広背筋に効かるためには
股関節に重心を置く。
②重心を股関節に置くためには
肩幅で立たたなければならない。

【おへそに引く】

①広背筋は骨盤から腕まで付いている。
②ちょうど真ん中のおヘソに引く
広背筋をうまく使える。
③引いたときに強く握り
収縮させることを意識する。

この記事を書いた人
じーやま (山路和希)

元ラグビー選手(ヤマハ発動機)
筋トレが大好き。

筋肉が大きくなり、ラグビーのパフォーマンスが上がった経験から筋トレが好きになる。

このブログを通じて、皆さんの筋肉が大きくなるキッカケを作れたら嬉しいです。

InstagramやYouTubeでも筋トレを解説しています。
(下記のボタンから飛べます)

じーやま (山路和希)をフォローする
スポンサーリンク
広背筋背中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
じーやま筋トレブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました