【GIF解説】スミスマシン・ショルダープレス【鼻まで下げる】

スポンサーリンク
三角筋 前部
スポンサーリンク

安定した軌道で肩を鍛えることができます。

スミスマシンはバーのが動きが一定のため
ケガの可能性が少なく安全に
肩を鍛えることができます。

やり方の中で大事なのは、

①バーに親指をつける
②足を閉じる
③鼻まで下げる

♦重量設定
三角筋に負荷がのる範囲だけしか
動かかさないので、
高重量に挑戦しましょう
重量で負荷を強くするのが良いです。

 

スポンサーリンク

スミスマシン・ショルダープレスやり方解説

バーに親指をつける

このにぎり方でやると、
ヒジの位置が安定します

でも、注意しておきたいのは、
親指は「添える」だけで良いです。
高重量でやるときに、
親指で重心を受けると
必ず指の関節を痛めます

重心は小指側にのせ、
上げるときも外側3本の指であげましょう

 

足を閉じる

足を開いてしまうと、
胸を鍛える時みたいに
体でアーチを作るようになります
そうすると大胸筋の上部を
多く使うことになるので
足を閉じるようにします。

 

鼻まで下げる

三角筋が使われる範囲は
一番上~鼻や耳ぐらいです。
なので、常に負荷をのせるために
鼻まで下げます。

鏡の前でやるならでも良いですが、
前に何もなければまで下げて
勢いよくあげましょう。

 

まとめ

重量設定:常に三角筋に負荷を入れ続けるので
重量で負荷のレベルを上げる。

レスト:60秒~90

大事なポイント
【バーに親指をつける】
①このにぎり方はヒジの位置が安定する
②でも親指は「添える」だけ。
③上げるときは小指・薬指・中指であげる

【足を閉じる】
①足を広げると胸の種目のようにアーチを作ってしまう。
②すると大胸筋の上部を多く使う。

【鼻まで下げる】
①三角筋が使われる範囲は一番上~鼻や耳ぐらい。
常に負荷をのせるために鼻まで下げる
③前に鏡があるなら耳でも良い

コメント

タイトルとURLをコピーしました