【GIF解説】ストレートアームプルダウンのやり方【引いたときに胸を張る】

スポンサーリンク
広背筋
スポンサーリンク

腕を下げるときは、
広背筋を主導筋として使います。

すごくシンプルな動作ですが、
広背筋のみ」に負荷を入れるために必要なのは、

①強く握らない
②ヒジはまっすぐ
③引いたときに胸を張る

♦重量設定
体を固定しないので、
無理な重量をするとバランスが崩れます。
マックスの60%~70で、
回数は10回~12ぐらいでよいでしょう。

スポンサーリンク

ストレートアームプルダウンのやり方

強く握らない

DCIM109GOPROG0092168.JPG

握り方によって負荷の位置が変わります。
下げるときに強く握ると、
前腕に負荷がのります。

広背筋に負荷を入れるためには、
手のひらに引っ掛ける
ぐらいにしておろします。

 

ヒジはまっすぐ

体から遠い位置でケーブルが動くほうがいいです。
上にあげたときは遠いほうがストレッチされます。
下にさげたときは遠いほうが収縮させる事ができます。

仮にヒジが曲がると、
ストレッチも収縮も中途半端になります。

引いたときに胸を張る

広背筋を収縮させるために行います。
遠い位置にケーブルを引き、
胸を張ってアゴをあげると、
収縮させることができます。

まとめ

重量設定:無理な重量をすると体のバランスが崩れるので
マックスの60%~70ぐらいで行う。
回数:10回~12

大事なポイント
【強く握らない】
①強く握ると負荷は前腕にいく。
手のひらに引っ掛けるイメージでおこなう。

【ヒジはまっすぐ】
体から遠い位置でケーブルを動かす。
②上げた時はストレッチ、下げた時は収縮を意識。
③ヒジが曲がると、どちらも中途半端になる。

【引いたときに胸を張る】
胸を張り、アゴを上げると収縮のレベルが上がる

コメント

  1. あさひ より:

    非常に分かりやすくて、直観的にトレーニングに活かせます。
    いつもありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました