【GIF解説】けんすいのフォーム【握り方、引く方向】

スポンサーリンク
広背筋
スポンサーリンク

けんすい、広背筋を鍛えます。

「背中を鍛える」としては、一般的な種目です。

しかし、固定されているのは、持っている手の2点

ぶら下がったからのスタートなので、広背筋が強くないと回数ができません

回数ができない場合は、チューブで補助を受けながらやることをオススメします。
(僕も広背筋は強い方ではないので、使います。)

 

補助をする/しない、に限らずフォーム中で大事になってくるのは、

①あまり強く握らない
②胸に向かって引く

♦回数について

やるのなら10回×3セットで十分だと思います。

僕の例でいうと、1~2セットは自力で10回行けて、3セット目はフォームが崩れてくるので、チューブを使うことがあります。

肩の状態が悪い時は、最初からチューブで補助をしながらやり、動作をゆっくりして、じわじわ効かすようにやります。

 

スポンサーリンク

フォーム解説

あまり強く握らない

強く握ると、肩甲骨の動かしにくくなります

でも、ゆるく握りすぎると、力が入らず引けない可能性もあるので、パワーグリップなどを使い「あまり握らなくても力の入る状態」を作ると良いです。

グリップを補助するものが無い場合は、強く握って大丈夫です。

 

胸に向かって引く

広背筋は肩甲骨の下にあります。

なので、引くときに肩甲骨が寄るように引くと広背筋に負荷が乗ります。

胸に向かって引くと、ちょうど動作の中で肩甲骨が寄ります

 

理想はお尻を締める

けんすいは、両手の2点しか固定できるところがありません。

当然、固定するところは多い方が良いので、ここではお尻を締めて広背筋の停止(終わり)を固定させます。

でも、これは反動が使えないので、僕も5回ぐらいしかできません。笑

パラレルグリップ(縦方向)に持った方がやりやすいかもしれません。

 

チューブで補助をする

この方法でやると、かなり簡単にけんすいができるようになり、フォームも意識できます。

 

まとめ

回数:10回×3セット

レスト:60秒から90秒

できなさそうなら、チューブを使って補助を入れながら行う。

 

大事なポイント

【あまり強く握らない】
①強く握ると肩甲骨が動きにくくなる
②パワーグリップなどの補助用具を使い「あまり握らなても力が入る状態」を作る。

【胸に向かって引く】
①広背筋は肩甲骨の下にあるので、肩甲骨を寄せるように引くと良い。
②胸と肩甲骨は連動しているので、胸に向かって引くと肩甲骨が寄る

コメント

タイトルとURLをコピーしました